種類を選ぶ

ヘルメット

シャッターには様々な種類があるので、様々なタイプのものを知っておくことが大切です。自分で選ぶことも良いのですが、最近では業者が予算に合わせてシャッターを選んでくれる場合もあります。

More Detail

気になる費用

道具

シャッターの取り付けや修理を行なう場合には、費用がかかります。住宅用のシャッターであれば、数万円程度が相場だといわれていますが、場合によっては数十万円近くかかることがあるので、確認しておきましょう。

More Detail

緊急のトラブルに対応

シャッター

店舗やガレージに設置されているシャッターとは鎧戸と呼ばれているものです。金属で作られた板を繋ぎ合わせたもので、外部から浸入できないようにする役割があります。このシャッターは頻繁に壊れるものではありませんが、使用し続けていると故障する場合があります。最近では、このシャッターのトラブルに対応できるよう、修理業者が増えています。全国展開している修理業者は電動式から、店舗用まで様々なシャッターに対応しています。電話やメールですぐに駆けつけてくれるので、シャッターの調子が悪い場合にはすぐ連絡してみましょう。24時間営業している業者も多いので、深夜にトラブルが行なった場合でも安心して依頼できます。

シャッターを修理を依頼する時に、最初にやっておきたいことには現地調査が挙げられます。ほとんどの修理業者が、無料で調査を行なっていることが多く、トラブルの原因を解明していきます。主な調査内容は水平器を使って、シャッターと床との距離や左右の高さを測っていきます。また、建物によって固定する金属が異なるため、建物の種類も確認する必要があります。故障した箇所を確認した後は、見積もりを提示してくれます。確実に修理できるのか心配になる方もいますが、様々なシャッタートラブルに対応してきたプロが最適な修理方法を提案しています。修理方法に納得できなかった場合は、別の修理業者に見積もりを行なってもらえるため、気軽に連絡してみましょう。

業者の選び方

工具類

シャッターの修理業者には意外にも悪徳業者が存在しているため、信頼できる業者に依頼する必要があります。事前にランキングサイトやホームページなどで情報を調べておきましょう。

More Detail